リフォーム・リノベーションを検討中の方におすすめ!新潟市の業者の中でも、口コミで評判の良い業者をランキング形式で紹介しています。

一人暮らし向けのリノベーションをする時に知っておきたい知識

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/28

築年数が経過した賃貸物件の入居率を上げるために、リノベーションは有効な対策のひとつです。今風のおしゃれな部屋は人気があるので入居率が上がり、家賃を高くすることもできます。では、新潟市で一人暮らし向けのリノベーションをするときに、どんな知識を知っておくとよいでしょうか。

リノベーションで得られる効果とは

空室を出さないためには、魅力的な物件にすることが大切です。「同じ程度の家賃であれば、より素敵な部屋に住みたい」と誰もが思うことでしょう。新潟市にも築年数が古い一人暮らし向けの賃貸物件はたくさんありますが、古くても人気なのはおしゃれな物件です。リノベーションによって、おしゃれで心地よい空間へと作り変えることができます。人々のライフスタイルは変化しており、住居に求めることも大きく変わっています。

昔なら雨露がしのげればよいと考えて、四畳半の風呂なしでも空室は出にくいものでした。しかし現代では、たとえ寝るだけであっても、快適で気分よく過ごせる部屋が求められます。一時的な一人暮らしでもお風呂とトイレは別々でないとだめという若者が少なくありません。リノベーションを行って、時代に合ったデザインと設備を投入すればニーズにあった部屋づくりが可能です。入居率の上昇も期待できるでしょう。実際に、デザイン性の優れた物件は人気があり、部屋が空くのを待っている人もいるほどです。

しかし、デザインを変えれば自動的に入居者が増えるというわけではありません。また、経営者でなくても、自分用の家を新しくしたいと考えることもあるでしょう。一人暮らし向けの場合は面積が限られているので、費用も比較的安く抑えることができます。自分用の場合は、自分の生活や好みに合わせて変更できるというメリットがあります。

リノベーション費用を回収するのに要する期間

一人暮らし向けのマンションを新潟でリノベーションをするのに、およそ100万円かかったとします。仮に一ヶ月の家賃を5千円引き上げたとして、費用を回収するのにどれほどの時間がかかるでしょうか。単純に計算すると、一年間で6万円の家賃が上がったことになり、100万円を割ると16年ほど必要です。空室が出るよりはよいと考えるオーナーもいることでしょう。

しかし、本当に利益を上げたいと考えているなら、投資に見合った収益が見込めるかどうかをよく考えることが必要です。この単純計算でも、16年間一度も空室がでなかったことが前提です。リノベーションをしてファッショナブルな部屋になっても、家賃が高いことで入居者が集まらないなら、意味がありません。お金をかけて行うメリットとデメリットを天秤にかけて計算することが大切です。

また、立地条件も大切な要素です。人気のエリアであればそれだけ空室が出にくいため、多少費用をかけても回収できる可能性は高くなります。手持ちの予算を見比べて、どれほどの工事を行うかを決めます。人気エリアでないのに、家賃に5千円の違いがあるのは危険です。それでも家賃引き上げをしたいなら、よほど人を引き付ける物件にしなければ、満室状況にはなりません。新潟市でも人気エリア以外の物件なら、家賃の安さが売りだからです。現在の状況をよく分析して、それにみあったリノベーションをすることが大切です。

一人暮らし向けのリノベーションで欠かせないもの

時代の流れと共に、生活に必要なものは増えています。一人暮らし向けのマンションで欠かせないものの1つはネット回線です。インターネットが無料の物件は人気があります。

さらにはお風呂とトイレは別の方が人気なので、リノベーションをするときは別々に作り変えることが必要です。一人暮らし向けの物件は収納スペースが少ない点が問題となりますから、クローゼットや収納棚があることでポイントは高くなります。最近よく見かける天井からつるしたポールは、デッドスペースを利用した収納です。

一人暮らし向けの物件に住む年齢層は比較的低いので、若者の好みや傾向について知っておくことは不可欠です。新潟市でリノベーションを行うには、機能重視だけではなく、高いデザイン性も求められます。壁紙や照明などにこだわり、スタイリッシュなタイルや設備を選ぶことで印象が変わります。友達に自慢したくなるような部屋づくりにするなら、人気の物件になるでしょう。

今の時代の流行がよくわからないときは、担当者に相談すればアイデアを提案してくれます。オーナーだけが一人で悩む必要はありません。またマンションの造りによってはリノベーションに制限がある場合もあります。専用部分であっても変更できない箇所があるので、事前の確認が必要です。共用部分は一般的に変更できません。新しい設備を取り付けられないことがあるので、注意しましょう。

 

一人暮らし向けのリノベーションを新潟市で行うためには、投資回収の目安が現実的であることが大切です。空室対策として行う場合は、機能性とデザイン性を兼ね備えたデザインにする必要があります。一人暮らし向けのリノベーションに強く、実績のあるリノベーション会社を選びましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索