リフォーム・リノベーションを検討中の方におすすめ!新潟市の業者の中でも、口コミで評判の良い業者をランキング形式で紹介しています。

よくあるリノベーションと聞いた時のイメージ

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/28

新潟市でリノベーションをしたいと考えている人は、業者探しをする必要があります。人それぞれリノベーションのイメージを持っており、業者にお願いしたらこうなるに違いないと考えているかもしれません。人によってイメージが異なりますが、おおむね共通している部分があります。では一体どのようなイメージを持っている傾向にあるでしょうか。

元の住宅から一変するイメージがある

新潟市で行われるリノベーションのイメージとしては、もともとの住宅とはまったく違う建物にしてしまうというものがあげられます。たとえば、築40年以上の和風住宅が中古住宅として新潟市で売りに出されていたとして、それを購入した人はそのまま居住するのではなく、リノベーションを行うことがあるでしょう。この場合、和風住宅の形を残すよりも、今風の住宅にしてもともとの住宅の面影すらまったく残さないことがあります。

またとくにヨーロッパ風の住宅を目指すとすれば、家具などもよく選ばなければいけません。設備に関しては最新のものを取り入れますが、家具については機能的なデザインで真新しいものよりも、どちらかといえばアンティーク風のものを用いることが多いでしょう。

一方で、最新の現代的な住宅にする場合には、アンティーク風の家具や設備などを取り付けるよりも、機能的で最新のものを取り入れる可能性があります。最新のものを取り入れた方が、建物との調和を取ることができるからです。とはいえ、和風住宅の面影がなくなったといっても構造躯体自体はそのままにせざるを得ません。

もし構造躯体を変更してしまうとすれば、もはやリノベーションではなく建て替えになってしまいます。この点、建て替えでもよいのではないかと考える人もいるかもしれませんが、場所によっては建て替えが禁止されている地域があることも知っておきましょう。また、再建築不可の土地の場合には、建て替えをすることは許されませんが、リノベーションならば問題なく行うことが可能です。

デザイナーズ住宅風にするイメージもある

これから新潟市でリノベーションをする場合には、デザイナーズ住宅風にするイメージがあるかもしれません。デザイナーズ住宅とは、デザインに力を入れた住宅のことで、機能性を備えながら快適な暮らしを実現できる建築物といえるでしょう。

デザイナーズ住宅にするためには、専門の設計士が必要になります。通常の設計士ではなく、デザインに特化した住宅を建築したことがある設計士ならば、魅力的な住宅を建築してくれるでしょう。イメージだけでなく、実際にリノベーションをするときにデザイナーズ住宅のようにする例は少なくありません。

なぜわざわざこのように凝った住宅にするかといえば、通常のリフォームとの違いを明確にするためです。通常のリフォームの場合には、壁紙の変更や畳からフローリングへの張り替えなどがありますが、建物全体の趣を変更することは考えにくいものです。

逆に、リノベーションをする以上はリフォームと同じでは意味がありません。そこで、どうせならば大きく見た目を変更しておしゃれなデザイナーズ住宅にしようと考えるわけです。デザイナーズ住宅にする場合には、普通の設計に比べると費用がかさみやすい傾向があります。場合によっては、再建築するときよりも費用がかかってしまう可能性もありますが、デザインにこだわりがある場合にはぴったりといえるでしょう。

予算によってもそのイメージが大きく異なる

新潟市でリノベーションをしようとするなら、予算によって完成後のイメージが異なる可能性があります。たとえば、5百万円以下の予算で行う場合、あまり大規模に変更することはできません。この場合には、一部分だけに手を加える可能性があります。よくある例は、1階の部屋だけ新しくすることです。今まで狭かったリビングの壁を撤去して広くすることにより、開放感のある空間をつくることが可能となります。

リノベーションをする人の多くは、部屋をわざわざ狭くするよりも広くしたいと考えるわけです。日本の住宅はもともと狭い設計になっていることが多く、小さい部屋がいくつもあるのが特徴です。とくに昔の住宅は、そのような傾向が強いでしょう。そこで昔の住宅に手を加えて、ふた部屋をひと部屋にするなどの改良を施すことで、開放感を得ることが可能です。予算が1千万円程度の場合には、家全体を新しくすることも可能ですが、この場合には質の高い設計をするのは難しくなります。

材料も、それほど高いものを使うことは難しいでしょう。ただそれでも、家全体の雰囲気を大きく変更させることができるため、そのような形がイメージされるわけです。予算が2千万円以上の場合には、比較的自由度の高い設計が可能です。この場合には、建物全体を新しくできると同時に、質の高い素材を使うことが可能です。

 

新潟市で住宅のリノベーションをする場合、もともとの住宅の面影を残さないくらい間取りを変更するイメージを持っている人は少なくありません。また、デザイナーズ住宅などのようにおしゃれな住宅にして見た目を大きく変えてしまうイメージを持っている人もたくさんいます。

おすすめ関連記事

サイト内検索